粟津祐逸  短歌 2

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

昭和35年発行 

  

 はろばろと海につながる潟口の群れだす鴨に落目軍かがよふ

たえまなく吹雪のつのる潟ぐちに無縁の斑(ぶち)犬追はねばならぬ

 

みづかきをつちに擦りつけ飛ぶ鴨は中州を越えて海へいでけり

わが住まう潟のほとりに鴨がきて雪はらひたる路はひとすぢ

いま潟に一羽翔けたるを見つつゆく真鴨の黒きさびしと思う

 

韃靼の海も夕づき波だたむ斜陽のかなた潮ゆらゆらと満つ

  

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index  ・ 祐逸Top・  俳句・ 短歌 1・ 2

Copyright(C) Tomoko Office All Rights Reserved.