粟津祐逸短歌

 

  

大空(たいくう)の念仏とかいてゆく辺(あたり)に昼顔がわづか草に影を置いてる

われら棲む僧院もまた修羅界か 老いたる父と寤寐に語らず

白鳥の遠くで鳴いているをきき雪をほつほつ食べてみるなり

親鸞が枕にしたるかど石もかくやとおもう浪あらき磯

                     歌集「八郎潟」より 

 

  

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index  ・ 祐逸Top・  俳句・短歌 1・ 2

Copyright(C) Tomoko Office All Rights Reserved.