倶子オフィス

粟津 號 's Poem

               〈 詩・甚句link-Essay


ひとり舞台「お寺さんの話」より

 

 お寺が気味わるいのは……

                粟津 祐教(ゆうきょう)

  

貴栄山・円応寺
六百年の歳月を十八人が継いできた
その昔「男鹿本山」と呼ばれたという
長男として俺は生まれた
十九世住職となるべきものと——

十七世・祐智は医者になるのをあきらめた
十八世 父・祐逸は新聞記者をあきらめて住職になり 昨日死んだ
俺は今 売りだしたばかりの俳優
十九世を継ぐのだろうか? 役者はどうする?

六百年
一、二、三、四……十九代
中途半端な青春 欺瞞の歴史
坊主丸儲けと人は云う
お寺が気味がわるいのはなぜか 知ってるかい?
墓が立ち並んでいるからじゃない
幽霊が出そうだからじゃない
十九個のなかの
半端に放りだされた かよわい魂が浮かばれずに
医者や記者、役者になりたがって
今もフラフラしているからだよ

                   1973年/ 28歳のときに  

………………………………………………………………………………………………………………

〈エッセイ〉

◯ ホットアイあきた(通巻373)1993(平成5)8月1日発行

エッセイ「拝啓 ふるさと様」

  

◯ link- 男鹿半島を吹く風は…/ 號's Essay


Index俳優がゆく」 Profile 出演作品 〈 詩甚句 〉 その後・今 Contact me

Copyright(C) Tomoko Office. All rights Reserved.